ストーンとは?

トップコートはストーンで調整する

ネイル(ストーン)についてですが、初心者でも行えるお花のストーンについて案内していきます。

お花のストーンは初心者向けなので、基本的に難しいと言えるような作業もありません。
まずストーンとはなにかについて案内していきますが、ストーンとは装飾となる石(宝石、宝石のイミテーションなど)を爪にあしらうという行為です。
従来のネイルではカラーリングのみを行い完成するのですが、今ではこのようなストーンも使い独自性を出す人が増えてきました。

グラデーションとの大きな違いですが、ネイル(ストーン)には様々なタイプが存在することです。
例えば、先端部分のみでネイル(ストーン)をするネイルもありますし、逆に指の根の部分に対してネイル(ストーン)をするネイルもあります。

また、初心者に多い悩みにはネイル(ストーン)はお金がかかる・・・という悩みがあるのですが、実際はそれほどお金がかからないので安心して問題ありません。
良くネイル(ストーン)のセットで高いものを見かけることがあるかと思いますが、これはすべてセットしてもらった場合の料金です。
つまり技術料が含まれているため、高いネイル(ストーン)を良く見かけるだけなのです。

実際はプリントシールのようなセットを貼り付けるだけのものもありますので、価格にして1000円以内でネイル(ストーン)ができるようになっています。

ただ、安すぎるネイル(ストーン)はオススメできません。
というのも、尖っているものもあるためあまりキレイに反射しないからです。
ガラス玉のような反射もなく、くすぶっているネイル(ストーン)もありますので、手に持った際に重量感を得られないようであれば、別のセットを選択したほうが良いでしょう。

セットに関しては、シリーズで販売されているものもありますので、ネイル(ストーン)で独自性を出すのは難しくありません。
お花のストーンであれば、シールを貼り付けるだけでできますし、なによりストーンを好みのものであしらっても、ストーンの数が4~6個程度で済むので無駄にお金がかからずに済むのです。

有名なネイル(ストーン)

有名なネイル(ストーン)ではスワロフスキーがあります。

こちらは従来のネイル(ストーン)とは違い、重量感、高級感がある仕様となっています。
また、サイズを示す単位もSS5というふうにわかりやすく工夫されています。
数字が大きくなっていくと重要もアップするのですが、違和感がないネイル(ストーン)が可能なため高い人気を誇っています。

定番のネイル(ストーン)ではアクリル・ガラスストーンがあります。
こちらはトップコートが厚い場合は、あまり色合いが良くならないのでトップコートには注意が必要です。
反射が弱いタイプで色合いが地味なのですが、高級感は出るということで人気が高い商品です。
近年では、若い女性に向けてハート、スターなどのセットも販売されるようになりました。

安価でネイル(ストーン)の世界を楽しみたいという人にはオススメです。