ピーコックネイルとは?

マーブルネイルの応用

ピーコックネイルの前に、マーブルネイルの案内をさせて頂きますが、マーブルネイルの技術がすでにある人であれば、ピーコックネイルを作成するのは難しくありません。

ベースカラーに対して対照的なカラーリングを選択し、そして花に見立てたものを作り出すというものがピーコックネイルだからです。
マーブルネイルの場合、ベースからに対して対照的なカラーリングを選択する・・・というところまでは一緒です。
その後、横に引き伸ばすようにして独特なマーブル模様を作り出すのがマーブルネイル。
それに対して、上下に少し引き伸ばす形で花を作り出すのがピーコックネイルです。

横に引き伸ばしていくと、カラーリングが段々とグラデーションのように引き伸ばされていきますので、最初は対照的なカラーリングだと感じていたものが、段々と違和感のないカラーリングになっていきます。
そのため、ピーコックネイルはカラーリングの相性が大きくズレていても、キレイなネイルを完成させられるという魅力があるのです。

通常ではピンクとホワイトでグラデーション、マーブル模様を作るということが多いため、ネイルにとって対照的なカラーリングというのは白のような地味なカラーを連想してしまいます。
しかし、ピーコックネイルの場合はピンクと赤でも問題ありません。
白ではないのでものすごく目立つのですが、赤の上にさらに白を置くことで引き伸ばした際には、ネイルに花弁のシールをプリントしたような状態になります。

これでピーコックネイルが完成となりますので、グラデーション、マーブルネイルと比較しても作業時間に大きな差はありません。
ただし注意点として、ピーコックネイルは花弁の数を少な目にする・・・ということを忘れないようにしましょう。

多過ぎるとネイルが目立たなくなり、花弁のほうに注目が集まってしまうからです。
これではネイルの統一感を失ってしまうため、カラーリングによっては汚らしく見えてしまうこともあります。

好きな花を探す

ピーコックネイル上達のコツですが、ネイルのマニュアルを読むだけでなく、好きな花を探すようにすると良いです。

今では、参考書といった資料を購入しないでも、花についてインターネットで検索すると、多くの花を見て知ることができますので、お金についても一切かからず学ぶことができます。
花の中には色合いが淡いものもありますので、実際にそれらを参考にしてピーコックネイルを作っていくと、段々と創作活動そのものが楽しくなっています。

ピーコックネイルでもそうですが、ネイルには型がありアレンジがありで人気を高めているところがありますので、自分流のアレンジもできるようになるとピーコックネイルも一層楽しいものとなるのです。