ネイリストのスクールに通って資格を取得する方法

取得するのは2級以上

ネイリストのスクールに通って資格を取得するという行為ですが、今では級に別れて取得を目指す人がまばらな状況となっています。

参考:ネイルスクール、ネイリストの資格なら|ヒューマンアカデミー

昔はネイリスト3級を狙って独学されている人もいたのですが、今ではあまり3級を目指している人がいない状況です。
というのも、求人の資格であまり見かけない資格だからです。
ネイリストの資格として通用するのは2級以上だと理解しておきましょう。

というのも、3級ではネイルケア、ネイルアートといった基礎的なネイルを学べるだけ・・・となっているからです。
これらも確かにネイルでは必要となる技術、もしくは知識です。
ですが一般的なネイル好きの方であれば、専門書などを通じて学べる範囲の知識なのだと理解しておきましょう。
実際に資格取得をサポートしているサイトでも、よく登場するものは2級以上となっています。

2級以上になると、実際のサロンで提供されているリペア技術を学ぶことができますが、こちらは即戦力として勤務する際に必ず求められる技術です。
というのも、ネイルそのものであれば好きな人は知識を有しているため、好きなネイルを作り出せる時代となっているため、逆にリペアに関しては詳しくない人が多いのです。
何度ネイル作成を行っても、この点が上手にできないためプロのアドバイス、もしくはプロお手製の品々を手にとって、プロが作ったネイルを購入されていく人が多いのです。

また、近年ではこのようなネイルケアだけが注目されているわけではありません。
ネイルをキレイに見せるためのチップやラップについても研究が進んでいるため、このような分野でも人気を得ているサロンが存在するのです。
その際に宣伝文句として使われているものに、1級ネイリストというものがあるのですが、1級を獲得されていると人によってはお店の看板として活躍することも可能なのです。

2級より1級のほうがネイリストとして優秀というだけでなく、時代の流れもあり評価そのものが上向いているという見方もあるため、このような流行も理解しておく必要があります。

独学ではダメ?

ネイリストのスクールに通って資格を取得する際の注意点ですが、独学では資格取得が難しいので注意してください。

3級であれば独学でも可能です。
しかし、業者が必要としているのは技術であり知識だけではありません。
つまり、実践的な技術を学んでいる個人として採用されたい場合、スクールを通じて実践されている必要があるのです。
こればかりは独学ではどうにもなりません。