海外でネイリストの資格を取得する方法

アメリカ国旗

実務に応じた資格を取得する

海外でネイリストの資格を取得する際ですが、海外に適用している資格を取得する必要があります。

参考:NYエステ・ネイル・スタイリスト・美容師資格留学 | ニューヨーク留学センター

なので、ビザを発行してからは資格取得のために、海外で公認の試験を受ける必要があるのです。
国内で得た資格では勤務が難しいと案内されていますが、こちらについては勤務先によるので絶対ではありません。
実際に技能が認められ、海外で一個人として勤務されているネイリストの方もいます。

ただ、日本とは違い海外ではトータルビューティーサロンを目指しています。
日本ではサロンでネイリストを見かけますが、このようなケースではネイルに関連したサービスしか行っていないと理解しないといけないのです。
海外ではお客様の注文を受けて、対応できそうな範囲を絞り込むカウンセリングがあります。

そのため、海外ではネイルだけでなく美容師としても活動できる人のほうが、資格取得後も採用されやすいとされています。
資格のことをライセンスというのですが、基本的に以下のような資格を有されている人ほど、多様なサロンで勤務することができるでしょう。

先ずネイルスペシャリティーという資格が良く要求されます。
専門的にネイリストとして活動されている人に対して、サロンは全体的に求人を行っているので、海外で勤務する場合は必須の資格となりやすいです。
次にナチュラル・ヘアー・スタイリングという資格も必要になりやすいでしょう。
トータルビューティーを目指している場合、全体のケアとして必ず髪に関するケアについても対応できる人を採用しています。
その際に、髪の手入れなどをマシンを通じて行える人が必要となるのですが、これらのマシンを専門的に扱う人は、この資格を有していないといけないのです。

他にエステティック、コスメトロジーという資格もありますが、エステティシャンとしてサロンで勤務する場合に必要となる資格です。
こちらの資格はエステマシン、最新のコスメの取扱などで、危険のない作業を提供できる人として信用を得ることができる人が取得できる資格。

このように資格と言っても、目指す分野によって取得する資格は違ってきます。

英会話も学んでおく

当たり前のことですが、海外で接客を行う場合は英会話ができないといけません。
なので、先ほどの資格に付け加えて英語に関する資格、特に英会話レッスンを修了させている証明も必要となります。

資格が無い場合、実際の英語力で問題がないと判断された場合も採用になることはあります。