独学でネイリストの資格を取得する方法

100%独学は不可能

独学でネイリストの資格を取得するというのは、100%不可能だと思っておいたほうが良いです。

というのも、今では日本ネイリスト協会を通じてネイリストとしての技能を高めている人が多いため、あまり効果的な試みとは言えなくなっているからです。
独学でネイリストの資格を取得するという行為に憧れを抱く人もいるでしょうが、このような形で独学されていると、求人に応募しても採用されないケースが多くなります。
その理由ですが、業者側は即戦力に近い人を採用しているからです。

実際にネイリストとして勤務されてみると、このような対応では100%ネイリストになることはできないことも良くわかるでしょう。

というのも、そのような採用そのものがまったく見つからないからです。
アルバイトであれば問題ありません。
ですが、正社員で独学でネイリストの資格を取得した人を採用している例は少なく、今では研修制度も含めて独学の人を採用しない構えとなっているのです。
研修制度がある場合も、研修制度の内容についてこれる人でなければ意味がありません。
近年では、使用するマシンも増えてきていますし、ネイリストを採用しているお店がネイル専門というわけでもないのです。

例えば、エステティシャンが該当します。
エステティシャンというと肌のケア、美容をサポートしている人というイメージがありますが、今ではネイルサポートも業務の1つとして対応するようになっているのです。
その中には巻き爪の矯正のような簡単な仕事もあるのですが、中にはエステも受けられて、しかもネイルアートを楽しめるようにレッスンしてくれるお店まであります。

これから先、美容というのは総合的なサポートを前提として、サービスが提供されていくようになっていくでしょう。
そのため、予め資格を取得されているか、もしくは独学ではなく専門的な業界で実績を得ていること・・・のほうが重視されてしまうのです。

アルバイトから始めるという手もある

先ほどは、100%独学でネイリストの資格を取得するのは難しいと案内しました。
ですが、サポート重視でネイリストをされるのであれば、独学でネイリストの資格を取得するだけでも問題ありません。

というのも、今では接客業のような形でカウンセリングするのもネイリストの仕事だからです。
このような形でお客様とマンツーマンになり、最終的にネイルの施術を任せてもらうという流れでも、ネイリストとして勤務していくことは可能です。
この場合、ネイル用のマシンを使えるようになるまで研修を受ける必要がありますが、独学でも採用されるケースではこのようなケースがあります。