ネイリストの仕事内容

キレイな状態に修復する

ネイリストの仕事内容ですが、爪に関連することを仕事としているのでネイルのデザインなどを担当していると思われがちです。
ですが、ネイリストの仕事内容では修復に関連した仕事を引き受けることが多いため、今回は修復を中心として案内していきます。

なぜ修復関連の仕事が多いのかというと、ネイル作成などで爪を傷めてしまう人が多いからです。
もしくは、爪そのものが傷んでいるため、ネイルをすることが難しいという人もネイリストを頼ってきます。
このような場合、先に爪を修復してしまうのか検討するのですが、基本的にネイリストの仕事内容はこのリペアーと言われている仕事で、大半の時間を使ってしまうと理解しておきましょう。

というのも、すぐに修復が完了する人は少ないからです。
人によっては、長年放置されていたせいで爪そのものが汚らしい状態になっている人もいます。
爪の裏側に汚れが付着しているだけであれば可愛い方なのですが、人によっては爪先が欠けている人もいるため、長い時間を要して治療しないといけない人もいるのです。

ここで重要となってくるものは治療行為ではありません。
アドバイスが重要となってきます。
というのも、ネイルを楽しまれているとこのような問題は多く発生するため、ケアについてもアドバイスしておかないと、同じようなトラブルが頻発しやすいためです。
ネイリストの仕事内容は、ネイルそのもののセッティング、もしくは爪の修復(リペアー)と後はアドバイスなのだと理解しておきましょう。

近年では、新しいネイルについてアドバイスを要求されることがありますが、基本的にこのような問題はそれほど難しい問題でもないため、あまり時間を使わずに対処できます。
アドバイスといっても、どのようにネイルするのが正しいのか・・・という、手順をアドバイスするだけの仕事だからです。
このような仕事は、ネイリストとして勤務されるようになってから対応することが多いため、ベテランの方ほどお客様と親密な関係を築き上げていることが多いのです。

巻き爪の矯正も仕事の内

ネイリストの仕事内容ですが、ネイルと無関係に感じるような仕事も存在します。
例えば巻き爪の矯正が該当するのですが、こちらもネイリストの仕事内容として今では知られています。

巻き爪の矯正というのは個人で対応するのは難しいことも今では知られているため、専門の施術を受けて矯正している人が増えています。
巻き爪は爪が肉に突き刺さってしまうこともあり、場合によっては可能することもあるためキレイな施術が必要です。
ネイリストの場合、巻き爪専用の爪切りや専用のヤスリを使ってキレイに巻き爪を矯正してくれるため、今では人気が高いサービスとしても知られています。