爪に黒い点ができた時に考えられる原因

足の爪に黒い点?これは病気?

足の爪に黒い点がある?気が付いたのはいいけれどぶつけたこともないし・・・これは何か悪い皮膚病?と思う事もあります。
ほとんどが血豆、血液の固まりなのですが衝撃があったという記憶がなくても、サイズの合わない靴を履いているとか、スポーツを行っている時に、自然と圧迫されてできるという事もあります。
爪の下に内出血がある状態で、それが黒く固まって爪の下に見える状態です。

血豆が爪の下でつぶれたようになっている物なので、形がいびつに見えて、これは悪いものなのかも?と思う方もいるのですが、靴下を脱いだ時などに赤いシミがあったりすることもあるので、この場合、内出血と考えていいでしょう。

爪が成長すると次第に先端に向かって登ってきて、最終的にぽろっと取れて終わります。
これが大きいと爪と共に剥がれるという事もありますが、無理にはがしたりせず、自然にはがれてくるのを待ちましょう。

ほくろの場合注意が必要

全身のいたるところにあるほくろ、爪にもほくろがあるという方もいます。
ほくろというのは、色素細胞のメラノサイトという細胞が、紫外線などの刺激を受けて活発になる事で増殖をおこしほくろになるなどといわれています。
つめにできたほくろは、爪が成長すると共に次第に上に登ってきて、最終的に爪切りで切る、という状態になります。
上にだんだんと移動しているなと思うものなら、ほくろです。

でもこのほくろがメラノーマと呼ばれる悪性腫瘍の一種となると危険です。
これも同じように色素細胞が衣裳増殖を起こしてできるモノなのですが、癌細胞となっている物なので、おかしいと思う時には病院で検査を行う方がいいでしょう。

便秘によって出てくる爪の異変

便秘によって爪に異変があるという事もあるのです。
原因はよくわかっていないのですが、
便秘している方の爪に、黒や褐色の斑点が出てくるという事もあります。

特に慢性的な方にある症状といわれていますが、この症状があるから何か怖い病気という事はないので、問題はないようです。
何も原因なく爪に黒い点があるという場合、便秘が原因という事があるかもしれません。

爪は健康状態を知る事の出来る場所といわれていますが、爪の形や色が変わるという事が、生活における要因もありますし、病気が原因という場合もあります。

いずれにしても、自分がみてこれはおかしいのでは?と思う事があれば、皮膚科に行って聞いてみる方がいいでしょう。
何も問題がない場合、皮膚科でこういう事だと説明してくれると思いますし、病気があれば、治療する事になります。
何もせずにいて、悪化してから病院に行くよりも、気が付いた時に診てもらい、なんでもないといわれる方が安心です。