まき爪を治す方法とは

巻き爪に悩む人はかなり多い

男性も女性も、実は巻き爪に悩む方が多いといわれています。
現代では10人に1人が巻き爪に悩んでいるといわれている位なので、多くの方が巻き爪に悩みを持っているという事がわかります。
気が付くと爪が肉に食い込むような状態になっているという事も多いのです。

巻き爪という症状は爪の先端、両端が指の肉に食い込んでいる状態を指します。
爪が強く内側に湾曲している状態で、最初のうちはそれほど痛みを感じませんが、そのうちに湾曲がひどくなり、痛みが出てきます。
ひどくなると爪がかなり食い込み、手術が必要な場合もあります。

見た目にもかなり弯曲がひどくなると爪も厚くなっていくので裸足でいる事が恥ずかしくなるという方もいますし、激しく傷む方も多く、また食い込んだ爪が皮膚に深い傷となり、炎症を起こし化膿して膿が出る、という時もあります。

ひどくなっていけば歩くこともままならない状態になりますので、歩く時にかばうようになり、膝、足首、腰などに負担がかかり別の場所に痛みが出てくることも少なくありません。

巻き爪を治す方法

ひどくなると手術が必要という状態になりますが、これは治療してもらう皮膚科で判断してもらう事です。
自分でできる方法としては、必要以上に短く爪を切らないという事が最も大切ですが、食い込みが出てくると、その先端を切って一時的に傷みが無くなる方法を選んでしまう方も多いです。

爪を切ることで食い込まなくなるので一時的に傷みが無くなりますが、また伸びてくると痛みが出てきます。
こうして繰り返していることで食い込みが深くなっていくので悪循環となってしまいます。
初期段階であれば、爪と皮膚の間にコットンを入れて皮膚に食い込まないようにするという方法があります。

また靴があっていないことで巻き爪となっていることも多いので、余裕のある靴を履くことで圧迫を感じなくなります。
爪の長さを短くしないように、指先の先端まで爪がある状態にしておくと爪が食い込むこともありません。

但し、爪がかなり深く食い込んで歩くこともできないという状態になっている場合、爪を全部はがすという手術や爪が成長してくる部分まで切り取ってしまう手術を行う古都もあります。

この方法の場合、かなり痛みがありますので日常生活に影響します。
どうしても手術が必要かどうかは医師が判断すると思いますので、相談してみましょう。

最近は形状記憶の針金を爪の先に通して爪の曲りの癖をとるという方法ができるクリニックなどもありますので、そうした治療ができるところを探してみてもいいと思います。
初期段階であれば、色々な治療方法を選択できますし、完治できることも少なくないので、爪が刺さる・圧迫されているような感覚があるという場合、皮膚科で相談する方が将来の為にも安心です。