ネイルを始める前に

ネイル

キレイに見せる

ネイルというのは、キレイに見せることが大事です。
しかし、キレイに見せ過ぎるのはダメなので、その点に注意してネイルを整えるようにしましょう。

例えば、ネイルをキレイにそろえる際は、なるべく細かく切っておいたほうが良いです。
というのも、ネイルはいつの間にか長さがバラバラになっているということもあるから。
こんな場合は、できるだけ短くネイルをそろえられるグッズを使って処理するようにしましょう。

市販品の爪切りではいけません。
市販品の爪切りでも、確かにネイルをそろえるようなカッティングは可能です。
しかし、段々と不揃いになっていくので、美容品として販売されている爪切りを購入するようにします。
次に注意する点は、ネイルをキレイにそろえてカッティングするというのは難しいということです。

なので、いきなりネイルをすべて切り過ぎないように注意しましょう。
ちょっとだけ切ったらその場で止めて、実際にネイルの状態を確認するのが理想です。

次に爪切りの間は、なるべくティッシュを用意しておくようにします。
ティッシュに爪を落とすという意味もあるのですが、定期的に爪切りにたまっている爪を落とすという目的で必要になります。
爪切りというのは、基本的に中にたまっている爪は後ろにたまっていくようになっているのですが、長く使っていると中央付近でたまってしまうことがあります。
このような爪が残っていると、爪切り中に前に出てくることもあり、これが原因でネイルを整えられないこともあるのです。

あと、長期間において洗わないで放置というのも良くありません。
爪切りの先端部分に白い跡が残っているようであれば、爪を切った際に発生するカスが付いている可能性が考えられます。
臭いがキツイケースもあるので、可能であれば洗浄、消毒殺菌してピカピカの状態にしておくのも大事です。

健康的に見せる

ネイルについて詳しくない場合、なるべく全体的にボリュームがあるようなカッティングを目指しましょう。

つまり、爪が伸びている状態を維持するのです。
これには理由があり、例えば爪全体をキレイに処理する場合は爪が長くないといけないため、ネイルは少し長めが理想とされています。
ボリュームがある爪だと、後で化粧を行う際もはけが良くなるのでオススメです。

近年では、ネイルアートのようなものも流行っていますが、短いより長いほうが良いので指を隠す程度の長さは必要となります。
また、そのようなネイルを目指している人は、無駄にカッティングしない爪切りを購入しましょう。
ドラッグストアでも販売されている商品なので、美容品を取り扱っているお店であれば見つからないということもほぼありません。